バイオグラフィ

puzzleMarlen Biography
Cuban Singer
granisla

キューバ共和国ハバナ生まれ

東京在住。幼少の頃より音楽学校で学ぶ。専攻はクラリネット。同級生にはオルケスタ・アラゴンの Eduardo Rubio や Roberto Espinosa、スペインで活躍中の Lucrecia、ピアニストの Gonzalo Ruvalcaba や Peluchin, NG の Feliciano Arango 等がいる。音楽学校卒業後はクラッシックからポピュラーまで、クラリネット奏者としてだけでなく、ボーカルにパーカッションと幅広く活躍。マヌエル・サウメル音楽学校では教鞭をとり、後輩の指導にも当たった。ドイツ、スイス、マルチニック諸島、日本など、海外での演奏経験も豊富。UNEAC(キューバ芸術作家協会)会員。


bnc-j
交響楽団: La Banda Nacional de Conciertos
音楽学校卒業後はキューバで最も歴史のある(1899年設立の、110年の歴史を誇る)バンダ・ナショナル・デ・コンシエルトに入団。クラリネットを担当。プロの音楽家としてスタートを切る。


canela-j
Grupo Canela

女性だけのサルサ・バンド「グルーポ・カネーラ」に参加。リード・ボーカル、ギロ、コンガを担当。カネーラが最後のバンド参加となる。


gigante-j
Feelin’ & Boleros

キューバのフィーリン/ボレロにあらためて出逢い、そのジャンルにおける情感の多彩さに魅了され、歌うことの核心に触れるような強い衝撃を受ける。これが契機となりカネーラを退団、以後ソロ歌手として歩むことになる。


pico-j
Dos Gardenias & Pico Blanco

キューバン・ボレロ界を代表する男性ボーカリスト「ミゲル・アンヘル・セスペデス」(フランシスコ・セスペデスの兄)と共に、ボレロの「ドス・ガルデニアス」、セサル・ポルティージョでお馴染みの「ピコ・ブランコ」などにレギュラー出演。


horizon-j
2nd Album “HORIZONTES”

2ndアルバム「オリソンテス」を、キューバのハバナ「エグレム・スタジオ」にて録音。録音には多くの有名ミュージシャンが参加。


Favoritos
敬愛する音楽家: クラッシックやオペラでは
バッハ、モーツァルト、ビバルディ、ドビッシー、マリア・カラス、モンセラート・カバリエ、ルチアーノ・パヴァロッティなど
キューバでは:
ボーラ・デ・ニエベ、ホセ・アントニオ・メンデス、セサル・ポルティージョ、オマーラ・ポルトゥオンド、チュチョ・バルデス、シルビオ・ロドリゲス、パブロ・ミラネスなど
日本では:
喜納昌吉 & チャンプルース、美空ひばり、北島三郎、サザン・オールスターズなど
その他:
スティング、バーブラ・ストライサンド、ダイアン・リーヴス、ガル・コスタ、アストル・ピアソラ、パシオン・ベガなど
好きな国や都市: 母国キューバでは: ハバナ、マタンサス、カマグエイ
ラテンアメリカでは: メキシコ・シティ
日本では: 下北沢、六本木、横浜(中区)、御徒町、秋葉原
ヨーロッパでは: ドイツ(ベルリンとフランクフルト)
その他: 香港!
行ってみたい国: エジプト、ブラジル、インド、チベット
好きなもの: グラフィック・デザイン (Photoshop + Illustrator)、香水、マーシャル・アーツ、アエロビクス、そして料理、チョコレート!